婚活してる事は恥ずかしい事ではない!

婚活を自信を持ってしている人に相手は見つかる法則

巷では、婚活と出会い系が同じように思われている事が多いですが、
「婚活している事は恥ずかしいことではない!」と、声を大にして言いたいですね。

 

現在、日本では20代〜50代の方を中心に婚活が広がっています。
テレビや新聞、雑誌に週刊誌とあらゆるメディアで婚活が記事になり、
結婚をするためには婚活が必須だ!とも呼ばれる時代になってきました。

 

ひと昔前までなら考えられなかったことですが、現代では結婚するためには婚活をしなければなりません。
10年ほど前までなら、結婚適齢期についてかなり騒がれていましたが、
昨今では晩婚化となり、30歳での未婚率というのは年々上昇しています。
また、50代でも未婚という方が増えてきて、友人知人などに相手を紹介してもらうということも難しくなりつつあります。
今後、さらに晩婚化が進むと、婚活をするというのが当たり前の時代になるでしょう。

 

婚活をする事は恥ずかしいことではありませんが、現実を知らないというのは恥ずかしいことです。
よく言われるのが、男性の理想は、「家庭的で美形」というのが結婚する女性の条件となっていることが多いですが、
近年では女性の社会進出も多くなり、「女性が家庭を守る」という時代は崩壊しつつあります。
特に10代〜20代の女性の中には、「料理を作った事も無い」「掃除や洗濯のやり方も分からない」という方も多くなっています。
このような状況で、「家庭的な女性」を探すことは難しく、さらに「美形」という条件まで加わると、
個人の好みとなってしまいますので、さらに結婚できる条件を狭める結果になってしまいます。

 

そして、女性が求める、理想の男性像の中には、「年収と年齢」というものが多く含まれています。
それも、「年収600万円以上」や「年収800万円以上」ということが多く、
中には、「年収1,000万円以上」が条件という女性も多いのが現実です。
ここで、1つ整理してみると、年収1,000万円の男性というのは、日本全国の男性の中でも1%前後しかいないということになり、
さらに、その多くは50代を超えた方となっていて、女性が求める年齢にそぐわないことが多いです。

 

男性も女性も言えることですが、「理想と現実」を知っておくということがコレからの婚活に求められる条件となります。