サクラじゃないの?婚活アプリの実態を調査してみた結果を報告します

サクラじゃないの?婚活アプリの実態を調査してみた結果を報告します

婚活アプリにはつきものと言えるサクラの存在。やり取りをしていて、「この人サクラじゃないかな?」と疑ったことはありませんか?
悲しいことに、サイトやアプリを介する婚活では、サクラの存在を否定しきれないものですよね。
また、婚活アプリには良いレビューばかり書くサクラもいますので、アプリを選ぶ時にも注意してください。
婚活アプリでのサクラの見分け方や、アプリを選ぶ時のサクラレビューについて調査してみました!

 

こんな婚活アプリに気をつけて!高評価レビューを書くサクラがいる

 

サクラというのは偽客とも言い、商品を販売しているところで買うフリをしたり、商品をほめてほかのお客さんに買わせる役目をする人のことです。
そして、ネット上は特にこのサクラが暗躍しやすい環境なのです。
サイトやアプリの婚活でも、サクラは重要な役割を担っています。

 

ネット上の口コミにひそむサクラ

最近はネット通販で買い物をする人が増えて、運送会社が忙しすぎて困るほどです。
ネットで買い物をする場合、購入した人の口コミを参考にすることも多いですよね。
口コミは、実際に購入した人の感想も多いですが、企業に雇われて良い評価をするためのサクラもいます。
そして、それはアプリを選ぶ際の口コミも例外ではありません。
アプリを選ぶ時、星がいくつであるか、レビューはどんなものがあるかをつい見てしまいますよね。
アプリの種類によっては、レビューの信頼性が高いものも多いのですが、婚活アプリには特にサクラと思われるレビューが目立ちます。

 

こんな共通点に注意!高評価ばかりのサクラレビュー

不自然に評価の高い婚活アプリのレビューをすべて見てみた結果、サクラと思われるレビューには以下のような共通点が見られました。

 

良い評価が圧倒的に多い

みなさんがアプリを評価する時、良いと思っても星5つにすることはそんなにないと思います。
何かしら不満があると、星4つや3つにすることが多いですよね。
中間的な評価がなく、不自然に5つ星ばかりで残りが1つ星の場合、1つ星のレビューに真実が隠されているかもしれません。

 

ネーミングがどこにでもありそうなフルネームばかり

本名で登録することもありますが、婚活アプリを本名で評価する人ばかりなのは少し不自然です。
ニックネームを考えるより、漢字を組み合わせる名前を設定するほうが簡単なのでしょう。

 

サムネイルがデフォルト

レビューとともに表示されるサムネイルは、写真や画像を登録できますが、サクラと思われるレビューはすべてデフォルトのものでした。画像や写真を用意するのは手間がかかるのでしょう。
逆に、評価の低い真実味のあるレビューは、画像を登録している人が多かったです。

 

!や♪などが多用されている

どのレビューにも、必ずと言っていいほど「!」が多用されていました。
目を引くためには効果的ですが、ほぼすべてに使われていると違和感しかありません・・・。

 

文字数が多い割に具体的でない

サクラと思われるレビューは、ほぼすべて長文で感想が書かれています。
たとえば、「とても使いやすいアプリです!楽しくチャットできて実際に会うことができました!かわいい女の子も多くて、このアプリのおかげで友達もたくさんできたし毎日楽しいです♪」というようなもの。
一見具体的に見えて、どれくらいの人とやりとりできて、どれくらいの人に会って、結婚に発展できそうかなどの婚活に関する具体例がありませんでした。
そもそも、婚活アプリのはずなのに「友達がたくさんできた」「気軽に遊べる」などの軽い内容のレビューは、婚活にとってあまり重要性を感じません。

 

ダウンロード数の割に高評価の数が多い

婚活アプリはダウンロード数も重要です。実際に登録している人の数が少ないと、マッチングや出会えるチャンスも少ないですから。
婚活アプリでダウンロード数が1万以下なのに、圧倒的に5つ星が多いのはどう考えても不自然ですね。
ダウンロード数を増やすためのサクラレビューでもありますので、そういった矛盾点を見逃さないようにしましょう。

 

このように、サクラを利用したレビューには共通点がかなりあります。
すべてのレビューを読んでいたら、あまりにもテンションの高さや共通点が多くて少し気分が悪くなってしまいました・・・。
逆に、レビューの評価がばらけていると、信頼できるレビューが多いことがわかります。
アプリが使いやすいからと言って、必ずしも婚活が成功するわけではありませんよね。婚活する人によって、相手に求める条件が違うのが当然なのですから。
婚活はたやすく成就するものではありません。それを念頭に置いて、良い評価だけでなく悪い評価にも目を通すようにしてください。

 

レビューを書く仕事がある?

こういったサクラレビューを書いているのはどんな人かというと、企業に雇われたバイトの人たちなどです。
実際に企業に雇用されている人もいるかもしれませんが、ネット上で「自宅でレビューを書くだけの簡単なお仕事です」と人を集めていることも少なくありません。
こういったレビューや口コミの仕事は、クラウド上のお仕事紹介サービスを通して募集されています。
報酬は文字数などにもよりますが、1件数十円程度から数百円程度。
もちろん、実際に体験した人の感想を求めている場合もありますが、ニセのレビューを書いてもらうのが前提のこともあります。
単価は低くても、件数が多ければそれなりの金額になるので、お小遣い稼ぎにやっている人もいるのでしょう。

 

 

出会い系や婚活アプリでのサクラの役割とは?

ひと昔まえに流行った出会い系のサイトや、今流行りの婚活アプリにもサクラは存在しています。
その種類は大きく分けて3つあり、目的によってサクラの仕事内容が異なります。

 

1.ダウンロード数を増やすだけのサクラ

婚活をするには、できるだけ多くの人が登録しているアプリを利用して、出会いの確率を上げることが重要です。
アプリの場合は、ダウンロード数によってその人数をおおまかに判別できますね。
そのため、ダウンロードするためだけに人を雇っていることもあります。
婚活をするつもりのない人が、とりあえずダウンロードしているので、プロフィールはスカスカで自己紹介文も「よろしくお願いします」くらいしか載っていないのが特徴です。
ダウンロード数を増やすことだけが目的の場合、やり取りには関わって来ないこともあります。

 

2.アプリ内で課金させるためのサクラ

婚活アプリにサクラがいる大きな理由は、利用者にお金を使わせるためです。
婚活アプリは、登録や基本料金が無料のところが多いですが、気に入った人とやり取りしたり、より検索しやすくするために有料会員や課金の制度があります。
たくさんの人とやり取りするために課金させたり、長期的に有料会員でいてもらうために、サクラは積極的にメッセージを送ってきます。
いい人がいなそうだからとか、なかなかマッチングできないからという理由で退会してしまう人を減らすためにもサクラは暗躍しています。

 

3.ほかのサイトへ誘導するサクラ(外部業者)

ダウンロード数を増やしたり、アプリ内で課金させるためのサクラは、そのアプリを運営している企業によるものが多いですが、外部の業者によるサクラもいます。
それは、高額な料金が発生するようなサイトに誘導することで、サクラが報酬を得るというものです。
この業者は、婚活アプリの運営関係者ではないので特に悪質です。
別のサイトへ移動させるので、アプリの運営者にとっても邪魔な存在ですが、運営者にもバレないような巧妙な手口で潜り込んでいます。
アプリでやり取りをしてから、ラインなどの連絡手段を取るようになるので、特に注意してください。

 

 

実際に出会い系サイトで会ったサクラの手口公開!

 

私は、以前興味本位で出会い系サイトに登録し、サクラによって課金してしまった経験があります。
当時はまだスマホなどなく、パソコンでの出会い系サイトが主流でした。
登録自体は無料のところが多く、気軽に登録して数人の人とやり取りしてみました。

 

無料で済ませるつもりが・・・

メッセージのやり取りは、初回の10回分くらいが無料で、それ以降は有料になるというシステムでした。
もちろん課金するつもりはなく、無料回数で気の合う人がいればメル友になってほしいなという軽い気持ちでした。
数回のやり取りの後、住んでいるところや趣味などが合い、具体的な話もできて楽しかったのですが、無料回数分が終わり有料回がせまる頃・・・。

 

私は、「次から有料だから直接メールしませんか?」とアドレスを伝えたのですが、相手から直接メールは来なくて、サイト上で返事が来ました。
すでに返事を読むことも有料になってしまったので、悩みましたが一回だけ課金することに。
すると、アドレスについては触れずに当たり障りのない返事が返ってきていました。

 

有料については触れずにメールを続けてくる

やり取りするには、相手も有料のはずですし、それほど安い金額でもなかったので、少しあやしく思いながらも課金分でやり取りを続けたのです。
その課金分も使い果たして、「これ以上課金するつもりはないのでこれで最後です」とメッセージを送りました。

 

すると、何回か返事が来ていたのですが、「なぜ返事をくれないのか」といった内容(最初の数行分だけ読める)で、課金についてはまるっきり無視している様子でした。
無課金でもメールの一部分だけ読めるという利用者の心理をついたもので、最初の数行で気になる内容であることを匂わせて課金させるという手口なのだとわかりました。
その時、始めて「サクラ」という存在を実際に感じたのです・・・。

 

婚活サイトにはサクラが少ない?

その後、婚活サイトなども利用してみましたが、出会い系サイトのようにやり取りの度に高額な金額が発生するものはなく、実際に会うこともできました。
婚活サイトなどでは、サクラの存在を身近に感じたことはありません。
ただ、それは明らかに真剣に取り組んでいない人や、定型文ばかりの人はさっさと見切りを付けているせいかもしれませんね。
でも、最近の婚活サイトやアプリは、昔よりもセキュリティや審査がしっかりしているので、身元が不明なあやしい人の数は少ないのだと思います。

 

サクラの見分け方は婚活の真剣さにも通じる

 

婚活には体力や気力、お金や時間を少しでも無駄にしたくないもの。サクラに関わっている余裕などありません!
サクラかどうかを見分けるとともに、真剣に婚活に取り組んでいるかどうかも見極めましょう。

 

写真がキレイすぎる

これは男女ともに言えることですが、「こんな人がなぜ婚活を!?」と思えるような美男美女は、サクラによる釣りかもしれません。
特に、女性はネット上に画像を載せることに抵抗があるので、何枚も顔写真を載せているのはちょっとあやしいですね。
ただ、本当に出会いがなくて婚活している美男美女や、ちょっと写真を修正しすぎた可能性もあるので、頭っから疑ってかからず、とりあえずやり取りしてみるのもいいかも?

 

プロフィールが完璧過ぎる

写真と同様に、学歴や年収、趣味や性格など、異性が求める理想の条件にぴったり合いすぎる人も不自然ですよね。
サクラでなくてもずっと婚活を続けているのは、なにかほかに問題があるのかもしれません。

 

やり取りのメッセージが定型文

実際にやり取りを始めてからサクラだとわかることも多いでしょう。
サクラの実態はアルバイトでやっている人だったりするので、メッセージをろくに読まないでありきたりな返信をしてくる人も多いのです。
でも、中にはほかのサイトへ誘導することで報酬が発生するサクラもいます。そういう人は、メッセージも手を抜くことなくていねいに返信してくるので、サクラと見破ることは難しいでしょう。

 

質問に答えない

向こうから質問をしてくる割に、こちらからの質問に答えないのはサクラかもしれません。
そもそも、サクラでなくてもこちらの質問に答えてくれないのは失礼な人ですね。サクラじゃないとしても早々に見切ったほうがいいかもしれません。

 

証明書を提出していない

セキュリティの厳しいアプリでは、登録する時に身分証明書や、年収証明書、独身証明書などの提出を求められます。
すべてを提出する必要はありませんが、提出している人は信頼性が高いので、サクラである可能性は低くなります。
手間はかかりますが、各証明書を提出している人は、それだけ婚活に真剣なのだということがわかりますね。

 

サクラの手口を知って、疑いすぎないように

セキュリティが強化しているということは、その分入り込むサクラも巧妙化しているということです。
定型文や、やる気のないメッセージ内容ではそもそも長続きしないので、サクラが利益を得るためには本気で婚活をしている風を装っていることもあります。
ネットやアプリで婚活をする以上、そういったフェイクの人がいることを忘れてはいけません。
でも、やり取りをする相手を疑い続けるのもしんどいですよね。

 

常に疑い続ける必要はなく、なんとなく違和感がある、不自然な誘導、課金し続けないとやり取りできないなどの岐路に立ってから、相手を疑い始めても遅くはありません。
疑われているのがわかると相手もいい気持ちはしませんので、最初から先入観を持たずに婚活することも成功への近道ですよ。

当サイトでよく読まれている記事をピックアップ!