【要チェック】婚活アプリの成婚率をリサーチした結果を紹介します!

【要チェック】婚活アプリの成婚率をリサーチした結果を紹介します!

婚活をしていると気になるのが、アプリを使っている人で結婚までたどり着いた人は、どれくらいいるのかということ。
婚活アプリなどを利用して結婚した人の成婚率のデータや、どのようなアプリが成婚率が高いのかの調査結果をご紹介します。
それに伴って、自分に合ったアプリの見つけ方や、成婚率を上げるためにできることもまとめてみましたので、婚活に悩む人は参考にしてみてください!

 

 

婚活アプリを使った成婚率は?

 

リクルートマーケティングパートナーズによる婚活実態調査によると、婚活サイトやアプリの利用者は、2015年の時点で、全体の14.6%になるそうです。
そして、実際にサイトやアプリを利用して結婚した人の割合は8.3%、婚活サービスを利用した人の内、結婚した人の割合は27.6%にも上るそうです。

 

男女別の婚活サイトやアプリの利用割合は、男性は40代が7.2%ともっとも高く、女性は30代が7.0%でした。
サイトやアプリの婚活サービスを利用している人の割合は、全体から見ると少なめですが、そのサービスを利用した人の成婚率は、4人に1人以上ととても高いのがわかりますね。

 

 

成婚率が高いアプリとは?

 

実際にどのアプリを利用すれば成婚率が高いのか、具体的なデータはまだそれほど出ていません。
しかし、成婚率を高めるための一歩である、マッチング率が高いかどうかを知ることはできます。

 

婚活アプリのマッチングについて

 

婚活アプリにおけるマッチングについて簡単にご説明しましょう。

 

まず、条件などによって検索した結果、ある人とメッセージのやり取りをしたいと思った人が申し込みをします。
申し込みをされた人は、メッセージのやり取りをしてもかまわないと思った場合、OKの返事をしてマッチングが成立します。
つまり、メッセージのやり取りを開始することを「マッチング」といいます。
婚活アプリは、このマッチングが成立しないことには、やり取りが始まらず、直接会うことにも至りません。
そのため、マッチング率が高いことが成婚率にもつながると言っていいでしょう。

 

 

マッチング率の高いアプリ紹介

婚活アプリの中でも、比較的マッチング率の高いアプリを紹介していきます。

 

ユーブライド

サイトと連動して15年以上の実績があり、登録会員数は100万人以上の日本最大級の婚活サービスです。
2016年では2,464人の成婚実績があり、累計では6,000人以上の成婚実績があるそうですよ。
1日3組が成婚しているという割合の高さは、ほかのアプリにはなかなかないものです。
ミクシイグループによる運営のため、安全が保証されていることも関係しているのでしょう。
婚活パーティーも開催されているので、アプリと併用しながら利用できます。

 

pairs(ペアーズ)

500万人が利用している、国内最大級の婚活アプリです。
サービス開始から約2年半という短い期間で、3,200万組ものマッチングに成功したそうです。
フェイスブックを利用したサービスであることや、写真が豊富で相手を探しやすいことなどから、マッチング率が高く使いやすいアプリであることが伺えます。

 

Yahooパートナー

ヤフーが運営しているサイトとの連動により、450万人以上が登録しています。
アプリを使用すれば、サイトに登録している人のプロフィールも見られるので、よくあるアプリに比べてその規模は桁違い。
毎月4万件ものプロフィールが登録されているので、日々新たな人に出会えるチャンスが増えています。
毎日、約4,500組ものマッチングが成立していて、約20秒に1組はマッチングしているのです。
趣味や興味の共通する相手から探せるグループ機能も便利ですよ。

 

 

マッチング率が高いアプリの共通点

 

マッチング率の高いアプリを見てみると、ある共通点が見えてきます。
婚活アプリを選ぶ時には、マッチング率の高い、成婚につながるようなアプリを選ぶようにするといいでしょう。

 

大手の運営会社で登録人数が多い

 

新しい婚活アプリは、どうしても登録人数が少なめです。
その点では、大手の会社が運営していて歴史の長いサイトと連動しているアプリは、登録人数が多くて出会いのチャンスが増えるというもの。
大手の運営会社はセキュリティもしっかりしているので、アプリに登録するのが不安という人にもおすすめです。

 

独自の検索条件やサービスがある

 

婚活アプリの数は年々増えていき、新しいサービスも工夫されています。
アプリ自体も登録人数を増やすための競争があります。そのため、独自の検索条件などがあって希望の相手を見つけやすかったり、利用したいと思えるようなサービスのあるところは、人も集まりやすいでしょう。
ありきたりな検索機能やシステムだけのアプリでは、魅力を感じず登録人数が減ってしまうおそれもあります。

 

 

成婚率を上げるためにできること

 

婚活アプリを利用して成婚率を上げるためにできることを考えてみましょう。

 

積極的に申し込みをする

 

婚活アプリを利用すると、どうしても受け身になりがちです。
女性の場合は、特に新規登録したばかりならば注目されやすく、放っておいても「いいね」や申し込みが殺到することも多いでしょう。
ついつい、申し込みの中から選ぶようになってしまい、自分から積極的に探したり申し込みをしなくなってしまいます。
そうすると、本当に条件に合う人を見逃してしまったり、選択肢を狭めてしまうことになります。
自分からどんどん積極的に申し込むことで、チャンスや成婚率も上がりやすくなると言えます。

 

たくさんの人と会ってみる

 

アプリを通してメッセージのやり取りをしていると、なんとなく満たされてしまってそれで満足していませんか?
結婚につなげるのは、実際に会ってみてフィーリングを確かめ、関係を深めることが必須です。
知らない人と会うことは少し心配だったり、勇気のいることですが、結婚に近づくためにはどんどん人と出会ってチャンスを広げてみましょう。

 

期限を決めて集中して活動する

 

婚活アプリは、自分のペースで無理なく活動できるのがメリットですが、ついついだらだらと続けてしまう傾向にあります。
「いい人が見つかるまでのんびりやろう」と思っていると、いつまでも見つからなかったりするものです。
婚活には、タイミングや運、勢いなども必要です。
有料会員になってあえて自分を追い込んで、「いつ頃までに相手を見つける」というような具体的な目標を立て、集中して活動してみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

いくつかのアプリを試してみよう

 

婚活アプリは、説明文だけでは本当に使いやすいかどうか、自分に合ったシステムかどうかはわかりません。
登録自体は無料なので、いくつかのアプリに登録してみて、試してみるのがもっともわかりやすい方法でしょう。
婚活アプリを複数利用したり、ほかの婚活方法も併用すると、恋人ができる確率が上がるというデータもあります。ひとつのアプリに絞れないという人は、ぜひ試してみてください。

 

 

リクルートマーケティングパートナーズによる婚活実態調査